津山ちなみの結婚は?顔,出身地,学歴,年収も調査! | 漫画家の顔や本名・経歴年収調査サイト「漫画家さん.com」

津山ちなみの結婚は?顔,出身地,学歴,年収も調査!

Pocket

スポンサーリンク

少女漫画雑誌りぼんで4コマ漫画を連載している津山ちなみ先生。

もう25年ほど連載していますが、津山ちなみ先生は結婚はしているのでしょうか?

お顔や出身地、学歴や年収なども調査してみました!

津山ちなみの経歴、作品、年齢、出身地などのプロフィール

まずは津山ちなみ先生のプロフィールをどうぞ。

名前 津山ちなみ(つやまちなみ)
出身地 長崎県
生年月日 1979年4月22日
経歴
  • 中学3年生で漫画家デビュー。
  • 福岡教育大学中退。
作品
  • HIGH SCORE(1995年~)
  • めだSCORE(1999年~)
  • 津山ちなみのまんが道(2014年)
アンソロジー
  • りぼん新人まんが家デビュー作集 8 50年目のHearty cake 池野恋・編(1995年)
  • 東日本大震災チャリティー漫画本 PARTY! HANA(2011年)
  • 弱虫ペダル公式アンソロジー 放課後ペダル4(2016年)

デビュー作をそのまま長期連載している津山ちなみ先生。

代表作とも言える「HIGH SCORE」は、アニメ化までされたんですよ。

少女漫画雑誌に載っていながらも、大人になってからも楽しめる4コマ漫画です。

今後の展開も気になりますね。

津山ちなみは結婚して旦那や子供がいる?

button-only@2x 津山ちなみの結婚は?顔,出身地,学歴,年収も調査!

引用元:Twitter

津山ちなみ先生が結婚して旦那さんや子供がいるという情報は見つけられませんでした。

津山ちなみ先生は、2021年度では41歳になられます。

漫画家の仕事も月刊誌で4コマ約7ページのみ、ほかの連載はしていないため、結婚や子育てをする時間は十分にあると思われます。

また、おそらくこの原稿量では、ほかの仕事もしている兼業漫画家ではないでしょうか?

だとしたら、ほかの職場で出会いがあって、結婚して家庭を作られていても不思議ではないかもしれませんね。

スポンサーリンク

ちなみに津山ちなみ先生の妹さんは3児の母だそうですよ。

津山ちなみ先生ご自身の近況や、周りの方の近況は単行本「HIGH SCORE」の巻末におまけ漫画があることがありますので、チェックしてみてくださいね。

津山ちなみの顔写真や画像はある?

button-only@2x 津山ちなみの結婚は?顔,出身地,学歴,年収も調査!

引用元:Twitter

津山ちなみ先生の顔写真や画像は見つかりませんでした。

ただ、2000年のりぼんの付録の小冊子「スクープ!まんが家情報・秘密を探して3000km!!」では、津山ちなみ先生の素顔の写真が確認できたとのことです。

また、たまにサイン会を行っているので、その時にお顔を拝見できそうですよ。

津山ちなみの学歴や高校は?

button-only@2x 津山ちなみの結婚は?顔,出身地,学歴,年収も調査!

引用元:Amazon

津山ちなみ先生は、中学3年生の時に漫画家デビューしました。

高校は長崎県立諫早高等学校との噂ですが、はっきりとは分かっていません。

高校に入ってからは、担任の先生のみに漫画家であることを伝えていたのに、翌日には職員室にりぼんが置いてあって、噂になっていたそうですよ。

また、高校1年生の時にはみんなで山に行き、2週間ほど泊りがけで勉強のみをする「学習合宿」というものがあったそうです。

勉強に力を入れている進学校だったのでしょうか?

津山ちなみ先生は、国立大学である福岡教育大学に入学したので、連載をしながらも勉強をかなり頑張ったのでしょうね。

理由は不明ですが、大学は中退してしまいました。

津山ちなみの年収は?

button-only@2x 津山ちなみの結婚は?顔,出身地,学歴,年収も調査!

引用元:Amazon

津山ちなみ先生の年収について調べましたが、情報が見つかりませんでした。

月刊誌りぼんの連載のみ、ページ数も少ないので、一カ月の原稿料だけで考えるとストーリー漫画家さんよりは少ないでしょう。

ただ、一年に一回ほど出る「HIGH SCORE」の単行本が現在19巻まで出ています。

そちらの印税を考えると、それなりにあるかもしれませんね。

ちなみに、2017年頃の単行本15巻発行時点で、発行部数は200万部を超えていました。

連載が長い分、知名度が高く、少女漫画を卒業してからの長年のファンもいるので、たくさん買ってくれるんでしょうね。

ざっくりいうと、本体価格の10%が印税収入となります。

そのため、HIGH SCOREのコミックス一冊約460円の10%・つまり46円×200万部で、いままでに少なくとも9200万円以上は印税として入ってきたということですね。

200万部を15巻分で割ったとしたら、1冊につき約13万部になります。

6~7巻で発行部数100万部を超えていたので、初期はもっと売れていたのでしょう。

そこから考えると、一年に一冊出る単行本の印税約46円×13万部で、約598万円になります。

あくまでざっくりとした計算なので合っていないかもしれませんが、原稿料を合わせると年収600万はいくのではないでしょうか?

もし他にお仕事をしていたら、そちらの分の収入もプラスされますね。