くらもちふさこの顔や弟子について!旦那や結婚,子供についても調査!


スポンサーリンク

少女漫画家として40年以上活躍してきたくらもちふさこ先生。

最近では、作品がドラマに使われたり、自身がドラマの登場人物のモデルになったりしています。

そんなくらもちふさこ先生の顔や弟子、旦那さんや結婚、子供についてなどを調査してみました。

スポンサーリンク

くらもちふさこの経歴、出身地、プロフィール

名前 くらもちふさこ

本名:倉持 房子

出身地 東京都渋谷区針山町
年齢(生年月日) 1955年5月14日
経歴
  • 1962年、渋谷区立猿楽小学校に入学。
  • 1962年7月、豊島区立駒込小学校に転校。
  • 1968年、豊島区立駒込中学校に入学。
  • 1971年、豊島岡女子学園高等学校に入学。
  • 1971年、第49回別マまんがスクール佳作を受賞。
  • 1971年、第51回別マまんがスクール佳作を受賞。
  • 1972年、別マまんがスクール金賞を受賞。
  • 1972年、17歳で漫画家デビュー。
  • 1974年、武蔵野美術大学造形学部に入学。
  • 1979年、武蔵野美術大学造形学部を中退。
  • 1996年、第20回講談社漫画賞を受賞。
  • 2017年、第21回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞。
漫画作品
  • メガネちゃんのひとりごと(1972年)
  • 忘れんぼう(1973年)
  • しあわせを呼ぶ金指輪(1973年)
  • ほんの少し好きになること(1973年)
  • クローバーの国の王子様(1974年)
  • ジュンのほほえみ(1974年)
  • 愛が集まる場所(1975年)
  • 白いアイドル(1975年)
  • うるわしのメガネちゃん(1975年)
  • 雪のなみだ(1976年)
  • わずか5センチのロック(1976年)
  • 小さな炎(1976年)
  • いちごの五月館(1976年)
  • SCENE105-破られた台本-(1976年)
  • 赤いガラス窓(1976年)
  • 青いチューリップ(1976年)
  • スターライト(1976年)
  • シリアスの鏡(1976年)
  • 冬・春・あなた(1977年)
  • 学生会議の森(1977年)
  • 出雲のミコトストーリー(1977年)
  • マジパンデート(1977年)
  • 糸のきらめき(1977年)
  • サッカー一座と野球をする日(1977年)
  • メリー・ロバスマス(1977年)
  • 冬の微笑(1978年)
  • 一枚の年輪(1978年)
  • おしゃべり階段(1978年)
  • 転校120日目(1979年)
  • 100Mのスナップ(1979年)
  • おもちゃのチャチャチャ(1979年)
  • いつもポケットにショパン(1980年)
  • 銀の糸金の針(1981年)
  • ハリウッド・ゲーム(1981年)
  • 7月ぼくはやさしい(1982年)
  • いろはにこんぺいと(1982年)
  • 迷い娘と7人の小人(1982年)
  • こんぺいと・は・あまい(1983年)
  • 東京のカサノバ(1983年)
  • A-Girl(1984年)
  • セルロイドのドア(1985年)
  • アンコールが3回(1985年)
  • Kiss+πr2 (1986年)
  • タイムテーブル(1987年)
  • 千花ちゃんちはふつう(1987年)
  • アリババ ネコババ(1988年)
  • 海の天辺(1988年)
  • チープスリル(1990年)
  • 百年の恋も覚めてしまう(1992年)
  • おばけたんご(1992年)
  • プライベート・パズル(1993年)
  • NO, NO, YES(1993年)
  • 性格の良い大沢くん(1993年)
  • 天然コケッコー(1994年)
  • ダブルフェイス(1996年)
  • さっちゃん(1996年)
  • パラパラ(1996年)
  • α(2001年)
  • Knock down すてきなネット・ジャンクション(2002年)
  • コネクト2204(2003年)
  • 月のパルス(2004年)
  • 駅から5分(2005年)
  • 花に染む(2010年)
  • asエリス(2012年)
挿絵
  • 小西康陽「きみになりたい。」アルバムジャケット(2004年)
  • 北川悦吏子「オレンジデイズ」表紙イラスト(2004年)
作詞
  • 銀色のクレッセント(1981年)
  • A-Girl(1985年)
  • LITTLE SUSIE(1986年)

ほぼ毎年、デビューしてからずっと漫画を描き続けていますね。

40年以上漫画家をしているとはいえ、60タイトル以上の作品を描くなんて素晴らしいですね。

途中、うつ病などの病気も患いましたが、リタイヤすることなく漫画家生活を続けていらっしゃいます。

スポンサーリンク

くらもちふさこのオススメ作品

天然コケッコー

button-only@2x くらもちふさこの顔や弟子について!旦那や結婚,子供についても調査!

引用元:楽天市場

こちらは、田舎の小さな村に住む女子中学生そよが主人公のお話です。

全校生徒合わせてたった6人しかいない分校に、初めての同級生の男の子である大沢が、東京から転校してきます。

主人公そよの初めての恋愛や、何気ない日常を描いた作品です。

第20回講談社漫画賞も受賞しました。

また、2007年7月には、実写映画化もされています。

スポンサーリンク

くらもちふさこの顔写真や画像はこちら

button-only@2x くらもちふさこの顔や弟子について!旦那や結婚,子供についても調査!

引用元:楽天ブックス

くらもちふさこ先生の顔写真はこちらです。

ショートカットがお似合いの女性ですね。

髪が短いと手入れが楽でいいですよね。

くらもちふさこの弟子とは?

button-only@2x くらもちふさこの顔や弟子について!旦那や結婚,子供についても調査!

引用元:MANTANWEB

くらもちふさこ先生は、NHK連続テレビ小説「半分、青い」で出てくる漫画家のモデルをなさっています。

ドラマに出てくる漫画家としての仕事風景や漫画の道具の使い方などを監修しました。

また、「いつもポケットにショパン」、「東京のカサノバ」、「アンコールが3回」、「A-Girl」、「海の天辺」の漫画作品もドラマに登場しました。

そのドラマのくらもちふさこ先生をモデルにした役が、秋風羽織というキャラクターです。

秋風羽織は、主人公の少女漫画家を弟子としており、主人公の面倒をみています。

くらもちふさこ先生にも、ドラマのように弟子がいたのでしょうか?

button-only@2x くらもちふさこの顔や弟子について!旦那や結婚,子供についても調査!

引用元:Amazon

くらもちふさこ先生には、アシスタントをしてデビューした小塚敦子先生がいらっしゃいます。

小塚敦子先生は高校を卒業後に、駒込のくらもちふさこ先生の実家に住み込んでアシスタントをしていました。

くらもちふさこ先生のお母さんの手料理を食べたりと、家族同然の付き合いをしていたそうです。

漫画界において、アシスタントをしたら師弟と言われるので、小塚敦子先生が弟子といえるのではないでしょうか。

くらもちふさこの旦那は?結婚はしている?

くらもちふさこ先生について調べたところ、旦那さんや結婚などの情報は出てきませんでした。

漫画家デビューしてからずっと漫画を描き続けているので、異性と出会ったり結婚している暇がないといったところが実情でしょうか。

やはり漫画家さんは、結婚よりも漫画を描いている方が興味があるのかもしれませんね。

くらもちふさこに子供はいる?

くらもちふさこ先生に子供がいるという情報はありませんでした。

くらもちふさこ先生は、自身の子供時代に通った小学校を舞台にしたり、住んでいた社宅をモデルにしたりと、作品の参考にしています。

くらもちふさこ先生に子供はいませんが、先生自身の子供時代を参考にした作品をこれからも見ることができるかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク