田村由美は天才ですごい!結婚は?顔も調査!! | 漫画家の顔や本名・経歴年収調査サイト「漫画家さん.com」

田村由美は天才ですごい!結婚は?顔も調査!!

Pocket

スポンサーリンク

長年漫画家として活躍している田村由美先生。

天才ですごいと評判の田村由美先生ですが、そう言われる理由とは?

天才と感じる作品はどれなのでしょう?

気になる結婚事情や顔画像も合わせて、調査してみました。

田村由美の経歴や作品、年齢などのプロフィール

まずは田村由美先生のプロフィールをどうぞ。

名前 田村由美(たむらゆみ)
出身地 和歌山県
年齢(生年月日) 9月5日
経歴
  • 1983年、デビュー。
  • 1992年、第38回小学館漫画賞・少女部門を受賞。
  • 2007年、第52回小学館漫画賞・少女向け部門を受賞。
  • 2013年、和歌山県文化表彰・文化功労賞を受賞。
長編作品
  • 巴がゆく!(1987~1990年)
  • BASARA(1990~1998年)
  • 龍三郎シリーズ(1990~2001年)
  • 7SEEDS(2001~2017年)
  • 猫mix幻奇譚とらじ(2006年~)
  • イロメン〜十人十色〜(2012年~)
  • ミステリと言う勿れ (2018年~)
短編作品
  • ウエディングベルは聞こえない(1985年)
  • あの夏が終わる(1985年)
  • 天使かもしれない(1985年)
  • 宇宙人といっしょ(1986年)
  • 神話になった午後(1986年)
  • ソフトボーイ つるちゃん回想録
  • シャワー・ロード(1987年)
  • 17日めのショパン(1987年)
  • 六本木心中(1988年)
  • ビショップの輪(1989年)
  • MADONNAに告ぐ(1990年)
  • 海は静かな秋の迷宮(1990年)
  • 水中都市(1991年)
  • 通り魔1991(1991年)
  • X-DAY(1991年)
  • 4人の女(1992年)
  • 彼女は誰を殺したか(1992年)
  • 拾った男(1993年)
  • 女神が落ちた日(1993年)
  • こわいもの(1994年)
  • Hearts-灰とダイヤモンド-(1994年)
  • きねづかん(1995年)
  • Catch-白昼のRUN-(1995年)
  • Touch-恋の仕方がわからない-(1996年)
  • 踊る教室(1997年)
  • パイナップル3(スリー)(1998年)
  • 王子くん(1999年)
  • 晴れ、ときどき闇。(1999年)
  • 霧の家-公開されない3本の棘-(1999年)
  • ぼくらの村には湖があった(1999年)
  • 不幸作家と呼ばれたい(1999年)
  • 6月の獣(1999年)
  • 超能力労働隊(スーパーナチュラルパワーズ)WILD COM.(1999年)
  • 針の眼(1999年)
  • 湾岸JUNGLE(1999年)
  • BOX系!(2000年)
  • シカゴ(2000年)
  • ジャングルBOX(2001年)

田村由美先生は、デビューしてからもう37年以上漫画家として活動を続けています。

上記の作品以外にも、イラスト集やキャラクターデザイン、舞台の脚本などの仕事も行っています。

長編・短編合わせると作品数も膨大で、シリーズものもあるので全てを追うのはちょっと難しいかもしれません。

田村由美が天才ですごい理由は?

button-only@2x 田村由美は天才ですごい!結婚は?顔も調査!!

引用元:Amazon

長年漫画家として作品を書き続けている田村由美先生。

作品数も多ければその作品の内容からも天才ですごいと言われていますが、どういった理由ですごいと言われているのでしょうか?

ネット上で言われている読者からの意見をまとめてみました。

  • 冒険活劇系の話をちゃんと少女マンガにちゃんとしているところがすごい。
  • はずれがないところ。
  • 才能が枯れていない。
  • 心理描写がすごい。
  • 少女漫画の枠におさまらない傑作を書くところ。
  • キャラクターの描き方がすごい。
  • ほかには真似できないストーリーを描くから。
  • 物語が壮大でまとまりがいい。
  • 設定をきちんと回収する。

田村由美先生のファンによると、キャラクターの心理描写、物語の壮大さなど、どの面をとっても天才としか言いようがない作品の作りになっているようですね。

長編の漫画は、どうしても盛り上がっている巻やダレている巻ができてしまいますが、田村由美先生はそれがないとか。

スポンサーリンク

どんなに長くなっても話のバランスが素晴らしいところが、すごい天才といわれる理由のようです。

ほのぼのからシリアスまで、どんな雰囲気でも書き分けられるところもすごいですね。

少女漫画家でありながら、少女漫画とは一風違った作品を描ける先生は、長編以外にも短編もすばらしい作品を描いているようですよ。

田村由美が天才ですごいと言われる作品は?

たくさんの作品を描いてきた田村由美先生ですが、はっきり言ってどの作品もはずれがありません。

しかし、その中でも特に天才ですごいと言われる作品もあります。

その中の1つが「7SEEDS」です。

button-only@2x 田村由美は天才ですごい!結婚は?顔も調査!!

引用元:Amazon

物語のあらすじは、近い将来に隕石で滅ぶと決まった地球のため、選ばれた人間を冷凍保存し、人間が過ごせるくらい落ち着いた環境になってから自動解凍するという計画から始まります。

2001年から2017年まで連載され、2007年には小学館漫画賞少女向け部門を受賞しました。

少女漫画でありながら、男性が読んでも楽しめる「7SEEDS」は、少年少女たちのサバイバル要素や未来の世界観、キャラクターたちの成長の様子など、一言では語りきれない魅力が詰まっています。

全35巻と長編ですが、どの巻を読んでもドキドキハラハラが止まらないでしょう。

2019年6月には配信サイト Netflixにてアニメが独占配信されました。

2020年3月にはアニメ2期も放送されています。

button-only@2x 田村由美は天才ですごい!結婚は?顔も調査!!

引用元:Amazon

2つ目は「BASARA」で、こちらは文明が滅び、王によって支配される日本が舞台のお話です。

運命の子として期待を背負っていた双子の兄タタラが王たちによって殺され、双子の妹である更紗が兄の死を隠し王に復讐するため戦いの旅に出ます。

一見殺伐とした少年漫画のように感じますが、少女漫画らしいラブストーリーも含まれているところが田村由美先生の天才ぶりを発揮していると言えるでしょう。

1990年から1998年まで連載され、巻数は外伝を含め27巻、1998年にはアニメ化もされました。

田村由美は結婚して旦那がいる?

button-only@2x 田村由美は天才ですごい!結婚は?顔も調査!!

引用元:田村由美のTamu Tamu Time

田村由美先生が結婚しているという情報は出てきませんでした。

そのため、旦那さんがいるかどうかも分かりません。

年齢的には結婚していてもおかしくないですが、全く情報がないため不明です。

家族については、猫を2匹飼っているようです。

しかも、一匹は13歳超えだとか。

田村由美先生は猫エッセイ漫画も描いているので、そちらを見れば家庭の様子が垣間見えるかもしれません。

画像に映っている茶トラの猫ちゃんがロジャーで、キジトラの方の猫ちゃんがアレックスという名前だそうです。

田村由美の顔画像はこちら!

button-only@2x 田村由美は天才ですごい!結婚は?顔も調査!!

引用元:YouTube

こちらは2015年に公開された動画のワンシーンの田村由美先生の顔画像です。

髪をアップにしてて、キリッとしていてかっこいいですね。

何歳頃の先生なのか分かりませんが、お化粧しているとは思いますが、とてもお肌がきれいに見えます。

口紅の色も合っていますね。

スポンサーリンク

漫画家は生活リズムが崩れがちなので健康状態が心配されますが、田村由美先生は顔色もよくとても健康そうです。

田村由美のおすすめ作品

ミステリと言う勿れ

button-only@2x 田村由美は天才ですごい!結婚は?顔も調査!!

引用元:Amazon
こちらは、特徴的な髪型と特徴的な名前の男子大学生が主人公のお話です。

殺人事件やバスジャックなどの事件に巻き込まれながらも、マイペースに事件を推理し解決もとい解読するといった、新感覚のミステリーとなっています。

特徴となるのは主人公のお説教。

主人公が淡々と言うセリフを、じわじわと読み進めてしまう手が止まらなくなるのではないでしょうか。

ただ単に事件を解決するだけではなく、知識や雑学を語る面でもつい納得させられてしまいます。

このマンガがすごい! 2019 オンナ編では第2位、マンガ大賞2019でも第2位を獲得しています。

サスペンスが苦手な方でも読める、独特な作品です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする