田村隆平(腹ペコのマリー/べるぜバブ作者)彼女のジャンプ痛烈批判!?顔画像,西森博之との関係性は?



スポンサーリンク




前作、『べるぜバブ』にて鮮烈なデビューを飾り、現在週刊少年ジャンプにて『腹ペコのマリー』を連載中の人気漫画家、田村隆平先生のプロフィールについてご紹介していきたいと思います。

田村先生といえば、悲しいことに連想されるのが、先生の彼女のある発言。
「編集部はばか者どもの集まり」
今回はその発言の意図などを解説しながら、彼女のことだけでなく、天才作家『田村隆平』個人としての頑張りもまとめたいと思います。

スポンサーリンク




田村隆平の作品経歴紹介!!

まずは簡単なプロフィールから。

田村 隆平
(たむら りゅうへい)
生誕
1980年4月19日(37歳)
日本・岐阜県
国籍
日本
職業
漫画家
活動期間
2003年 –
ジャンル
少年漫画、格闘漫画、ギャグ漫画
代表作
『べるぜバブ』

引用元 Wikipedia

友人に、『プリキュアシリーズ』、主に2010年以降のシリーズの制作に大きくかかわったことで有名なアニメーション監督『大塚隆史』さんがいます。

田村さんはデビュー当時から漫画家として高い才能を発揮し、ジャンプでの読み切り作品掲載を何度か済ませた後、同誌で前作『べるぜバブ』の連載を勝ち取っています。

 

button-only@2x 田村隆平(腹ペコのマリー/べるぜバブ作者)彼女のジャンプ痛烈批判!?顔画像,西森博之との関係性は?
超不良校・石矢魔高校1年の男鹿辰巳はケンカの最中に、人類を滅ぼす為に送られてきた大魔王の息子・ベル坊を拾う。男鹿はその凶悪な強さをベル坊に好かれ、育ての親に選ばれてしまったのだった…。
より強い人間にベル坊を押し付ける為、男鹿は高校を支配する「東邦神姫」と対決。最後の東条にも勝利するも、その魔力で校舎が全壊、男鹿達は聖石矢魔学園に居候することになる。聖石矢魔でも六騎聖やベヘモット34柱師団らと激闘を繰り広げた。これら多くの闘いの中で男鹿とベル坊は次第に「親子」らしい絆で結ばれてくるのであった―。

べるぜバブは不良や喧嘩、育児といった現代的な要素に、『悪魔』『能力による戦闘』などといったファンタジー要素を詰め込んだ異色かつ王道バトル漫画です。

2011年にはアニメ化も果たした人気作です。

そして、べるぜバブの連載が2014年に終了したのち、再び『腹ペコのマリー』の連載を勝ち取って、同誌で2017年8月現在連載中となっております。

 

button-only@2x 田村隆平(腹ペコのマリー/べるぜバブ作者)彼女のジャンプ痛烈批判!?顔画像,西森博之との関係性は?
お寺の少年・美女木タイガが好意を寄せるのは、お隣の教会に住む少女・鷺宮アンナ。
しかし、互いの家同士が深い因縁を抱えた関係ゆえ、なかなか近づくことができずにいた。
そんなある日、タイガはひょんなことからアンナの秘密を知ってしまい…!?
波乱を呼ぶ”恋物語”が、いま始まる──!!

腹ペコのマリーも、べるぜバブと同じく日常と非日常の掛け合わせという感じで、前作より恋愛要素が多めになったような感じです。

田村隆平の顔画像を捜索中

現在田村先生本人と思われる顔画像はありません。
見つけ次第に追記という形で載せたいと思っています。

田村隆平に彼女はいる?結婚しているのか

そんな田村先生も現在(2017年)はすでに37歳
マンガ家全体からしても上の方。
そんな先生はすでに結婚なさっているのでしょうか。
そもそも現在彼女はいらっしゃるのか。
さてそこで気になるのが、田村先生の『彼女』について。
田村先生はとりあえずは、べるぜバブ連載前、彼女がいたことが明らかになっております。しかし今現在もその関係性が続いているとは考えにくいです。
というのも、その『彼女』が起こした炎上騒動が、漫画家田村隆平としての人生を終わらせかねないものだったからです。

田村隆平の彼女の『ジャンプ批判』

冒頭でも紹介しました田村先生の彼女による【ジャンプ批判騒動】について、詳しく解説していきたいと思います。
先に断っておきますが、この事件の火種はあくまでも田村先生の彼女であるということ。

田村先生はむしろこの事件の一番の被害者といえます。

事の発端はべるぜバブ連載前の出来事。
田村先生の彼女を公言する女性によるmixiへのある投稿が原因です。

その内容はあろうことか、彼氏の連載先である週刊少年ジャンプの編集部に向けての痛烈な批判でした。

その投稿の内容についての記事が、日刊サイゾー様にて詳しく書かれております。

田村先生の彼女を公言する方からのあまりに軽率な投稿は、各所から批判を浴びています。

それを受け、現在はmixiの投稿を削除されましたが、写真などデータが保存されていたため、この投稿は急速にネット上で広まることになりました。

こういった行為は、関係者である田村先生の連載中止などにつながった可能性が十分にあります。
幸いにもべるぜバブの連載は何事もなく開始されましたが、おそらくこういった批判は連載後の田村先生の編集からの評価に多少なりとも響いたんじゃないでしょうか。

もちろん田村先生が批判したわけではないですが、『ネット上のつながり』から飛び火する可能性はいくらでもあるのです。

田村隆平と、人気作家、西森博之との関係!?

田村隆平先生の漫画を読んでいると、不思議と思いだすのが『今日から俺は!!』などを連載していた人気作家の西森博之先生。

田村先生の作品と、西森先生の作品には、ともに、『不良がメインキャラ』『ギャグ主体』などの、雰囲気でのつながりが感じられます。

勝手な推測ですが、おそらく田村先生は西森先生をリスペクトなさってるんじゃないかなと思います。

年齢的に、田村先生の学生時代は『今日から俺は!!』や、もう一つの人気作、『天使な小生意気』などと被っています。

田村先生は、西森先生の作品を見て育ったんじゃないかな―と。
もちろん勝手な推測ですけど。(おおざっぱですいません)

ですが、前時代の作家さんが、今の時代の作家の基礎となったんだなーなんて思うと、何となく感慨深いです。

田村先生にはこれからも連載を頑張ってほしいです。

腹ペコのマリー 1 (ジャンプコミックス)button-only@2x 田村隆平(腹ペコのマリー/べるぜバブ作者)彼女のジャンプ痛烈批判!?顔画像,西森博之との関係性は?
button-only@2x 田村隆平(腹ペコのマリー/べるぜバブ作者)彼女のジャンプ痛烈批判!?顔画像,西森博之との関係性は?button-only@2x 田村隆平(腹ペコのマリー/べるぜバブ作者)彼女のジャンプ痛烈批判!?顔画像,西森博之との関係性は?
by カエレバ

 

記事が役立ったと思ったクリック!

コメントを残す