佐伯俊(食戟のソーマ作画)別名toshの超画力!コラボ作品や顔も公開。



スポンサーリンク




週刊少年ジャンプ絶賛連載中、2017年秋よりテレビアニメ第三期が放送されている、累計発行部数1300万部を超える人気漫画『食戟のソーマ』
今回は作画担当のtoshこと佐伯俊先生のご紹介をしていきたいと思います。
原作担当である附田祐斗先生とは旧知の仲である佐伯俊先生。
デビューのきっかけやデビュー前の活動もご紹介します。

スポンサーリンク




佐伯俊の作品経歴紹介!

まずはプロフィールから。

佐伯 俊
生誕
日本
国籍
日本
活動期間
2011年 –
ジャンル
少年漫画
代表作
『食戟のソーマ』
佐伯俊としてのプロフィールはあまり潤ってはおらず、連載作はソーマのみ。
活動期間もソーマの連載が開始する2年程まえの2011年からとなっています。

なお、連載までの二年間の内、一年程は漫画家ではなく、自身が師匠と支持するミウラタダヒロ先生の下で『恋染紅葉』のアシスタントとしての活動していたと思われます。

ちなみにミウラタダヒロ先生は現在、週刊少年ジャンプで『ゆらぎ荘の幽奈さん』を連載中です。

恋染紅葉連載終了後のなんと翌週!恋染紅葉と入れ替わる形で佐伯俊先生の連載が開始されました!

それが佐伯俊先生、そして附田祐斗先生の代表作でもある『食戟のソーマ』です!

button-only@2x 佐伯俊(食戟のソーマ作画)別名toshの超画力!コラボ作品や顔も公開。
実家が下町の定食屋を営む中学生・幸平創真。目標である料理人の父を越える為、創真は修業の毎日を送っていた。
しかし突然、父から料理学校への編入話を告げられ…!? 創造する新料理マンガ、ここに開演!!
食戟のソーマの、佐伯俊先生のその画力は、連載一話にしてジャンプの読者のほとんどを圧倒したほど。

その実力は当時の連載陣どころか、今までの全ジャンプ連載漫画と比べても、間違いなくトップレベルといえるものです。

連載当初からネット中で話題になり、コミックス第一巻の売上は初連載ながら数週間で10万部近くの数字を叩き出しました。

その人気はアニメ化によりブーストされ、現在ではコミックス累計発行部数1300万部(既刊26巻時点)を達成しており、もうすぐで連載5周年を迎えます。

今では一般でも人気作家の佐伯俊先生ですが、食戟のソーマ連載前はあまり一般には死されておらず、特に一般誌での連載作を請け負ったことがないような方でした。

ある日、大学の後輩であり、現在の相方である附田祐斗先生、少年疾駆というマンガを連載していらした方ですが、その附田先生の担当編集から連絡がかかってきたことで、附田先生原作の漫画の作画担当としてスカウトされることが決まりました。

佐伯俊先生の別名.toshのご紹介!!

佐伯俊先生はソーマの連載前、tosh(トッシュ)という名義で成人向け漫画を書いていたことで有名です。

tosh先生といえば、それらの作家の界隈では超画力の持ち主として、知らない人はいないような、つまりは顔のような、それほど有名な方です。

toshこと佐伯俊先生のソーマ連載開始が決定した直後は、ネット上ではかなり騒ぎになっていた記憶があります。

今では一般でも人気作家の佐伯俊先生ですが、食戟のソーマ連載前はあまり一般には死されておらず、特に一般誌での連載作を請け負ったことがないような方でした。

ある日、大学の後輩であり、現在の相方である附田祐斗先生、少年疾駆というマンガを連載していらした方ですが、その附田先生の担当編集から連絡がかかってきたことで、附田先生原作の漫画の作画担当としてスカウトされることが決まりました。

編集さんが佐伯俊先生先生に連絡をしたきっかけは、附田先生の作業机に置かれていた佐伯俊先生、つまりToshの絵を見て衝撃を受けたからだそうです。

佐伯俊先生の顔画像公開!

佐伯俊先生の顔画像がこちら
この写真の真ん中の人物が佐伯俊先生とおもわれます。
この写真はアニメ『食戟のソーマ』の打ち上げ時に撮影されたものと思われますので、今からは少し時間が開いてるので、現在の姿はわかりません。

佐伯俊先生の超画力!!コラボに引っ張りだこ!?

佐伯俊先生は前述のとおり、たぐいまれなる画力の持ち主であり、その繊細な絵で食戟のソーマの人気を押し上げてきました。

button-only@2x 佐伯俊(食戟のソーマ作画)別名toshの超画力!コラボ作品や顔も公開。

スポンサーリンク




引用元 ココロん

その画力の高さから、集英社からは何かとコラボイラストの作成を依頼されることが多いです。

button-only@2x 佐伯俊(食戟のソーマ作画)別名toshの超画力!コラボ作品や顔も公開。

また、佐伯俊先生はオリジナルアニメ『アクティブレイド』のキャラデザインを担当されたこともあります。
佐伯俊先生のの圧倒的画力はすさまじいですね!今後の活躍も期待したいところです(^^

記事が役立ったと思ったクリック!

コメントを残す




サブコンテンツ