小畑友紀の現在は?休載理由は病気?顔写真も調査! | 漫画家の顔や本名・経歴年収調査サイト「漫画家さん.com」

小畑友紀の現在は?休載理由は病気?顔写真も調査!

Pocket

スポンサーリンク

「僕等がいた」や「春巡る」などで知られる小畑友紀先生。

休載期間が長いですが、何か病気でもしているのでしょうか?

現在や顔写真についても調査してみました。

小畑友紀の経歴、作品、年齢、出身地などのプロフィール

まずは小畑友紀先生のプロフィールをどうぞ。

名前 小畑 友紀(おばた ゆうき)
出身地 北海道
生年月日 1月9日
経歴
  • 1998年、第42回小学館新人コミック大賞佳作を受賞し、同年デビュー。
  • 2012年、釧新郷土芸術賞を受賞。
作品
  • Raindrops(1998年)
  • きみの勝ち(1999年)
  • スキ キライ 好き。(2000年)
  • まる三角しかく(2000~2001年)
  • スミレはブルー(2001~2002年)
  • 僕等がいた(2002~2012年)
  • 春巡る(2012~2014年、)

北海道出身の小畑友紀先生は、作品を描くときは常に自分が住む釧路の街をイメージしているそうです。

2010年にはJRの釧路駅2階にて、原画展が開催されました。

お話を描くときには、高校生の時のきらきらした感じを思い出してエピソードを引っ張ってくるそうですよ。

周りの環境や今までの思い出など、自分をベースにして素敵なお話を作り出しているんですね。

小畑友紀の現在は?

button-only@2x 小畑友紀の現在は?休載理由は病気?顔写真も調査!

引用元:ママコトライフ

小畑友紀先生は現在、連載中である「春巡る」を休載しています。

連載はしていませんが、別の形で作品を発表しているようです。

  • 2019年、マクドナルドのハッピーセットにて描きおろし絵本「すてきなぼうし」を執筆。
  • 2021年、「もしも東京」展 に参加。

「すてきなぼうし」は、お気に入りの帽子を独り占めしていたクマくんが、森の仲間たちの優しさに触れるほっこりストーリー。

button-only@2x 小畑友紀の現在は?休載理由は病気?顔写真も調査!

引用元:Amazon

スポンサーリンク

「もしも東京」展では、「願い」というタイトルで、マスクが鳥になって桜の木になるという作品を描いています。

button-only@2x 小畑友紀の現在は?休載理由は病気?顔写真も調査!

引用元:Twitter

連載という形は今は難しいのかもしれませんが、色々なところで活動しているようですね。

小畑友紀の休載理由は病気?

button-only@2x 小畑友紀の現在は?休載理由は病気?顔写真も調査!

引用元:Amazon

小畑友紀先生は、「僕等がいた」や「春巡る」にて、休載期間をとっています。

そこそこ長い期間なので、ファンからは何か病気ではないかと心配の声も上がっているようです。

「僕等がいた」休載の理由は、体調不良だったそうです。

連載再開時に、掲載誌であるベツコミにコメントされていたのだとか。

また、もう一つ理由があります。

「春巡る」のあとがきに、お母さまの看病をしていたと書いてあったそうです。

お母さまは肺がんで闘病していましたが、残念ながら亡くなられました。

この出来事が「春巡る」を描くきっかけとなったそうです。

現在の休載理由は体調不良でしょうか?

早く作品の続きも見たいですが、小畑友紀先生には無理せず執筆してほしいですね。

小畑友紀の顔写真や画像はある?

button-only@2x 小畑友紀の現在は?休載理由は病気?顔写真も調査!

引用元:漫言空間

小畑友紀先生とはっきり分かるような顔写真や画像はありませんでした。

ただし、2012年に行われたサイン会に行って小畑友紀先生とお会いした方の感想は確認できました。

  • とてもやさしそうで素敵な女性。
  • 一人一人丁寧に接してくれた。
  • 花柄のお洋服を着ていた。
  • ほっそりしていた。
  • 優しくていい人そうな綺麗な方。
  • 綺麗で優しい声だった。

2012年のサイン会は東京(3/31)・神戸(4/1)・福岡(4/7)の3ヵ所で行われました。

色々な地域で行われたので、たくさんの方が小畑友紀先生に会いに行けたんですね。

またサイン会などで小畑友紀先生にお会いできるといいですね。

小畑友紀は結婚して旦那や子供がいる?

button-only@2x 小畑友紀の現在は?休載理由は病気?顔写真も調査!

引用元:Amazon

小畑友紀先生が結婚して旦那さんや子供がいるかは分かりませんでした。

プライベートをほとんど公表していない方ですし、なおかつ休載期間も長かったため、結婚や出産などしていても不思議ではありませんね。

もしかしたら、今後連載再開や新刊発売した時に、何かしらのコメントを出してくれるかもしれませんね。