肥田野健太郎(ジガ作者)の作品経歴紹介!顔や年齢,佐野ロクロウとの関係は?



スポンサーリンク




ジャンプ3週連続新連載企画第三弾、期待の新人コンビの作画肥田野健太郎先生と原作佐野ロクロウ先生によるダークファンタジー「ziga‐ジガ」が始まります。

まったく無名と思われるコンビですが、果たしてどのような結果を残してくれるのでしょうか。

スポンサーリンク




肥田野健太郎のwiki風作品経歴紹介!!

肥田野健太郎先生はペンネームなどを変えていないのなら、あまり読み切りも載せていなく連載も持ったことがない方だと思われます。

ここで多くのことを語るのは非常に難しいと思われますが、何度かの新人漫画賞入選歴や近年で唯一出した読み切り作品「クヒコさん」(原作:矢萩隼人先生)をジャンプ+に掲載するなどの経歴を持っています。

そしてまだジャンプネクストが赤マルジャンプと呼ばれていたころには読み切り「抗菌ストレンジ」を掲載などしています。

 

button-only@2x 肥田野健太郎(ジガ作者)の作品経歴紹介!顔や年齢,佐野ロクロウとの関係は?
クヒコさんの読み切りはこちらからご覧いただけますので是非足を運んでみてください。
実はこれらの作品以外に何かを本誌などに掲載した経歴がなく、
しかも最新の読み切りであるクヒコさんすらかなり前に掲載したものなので、突然の連載決定には正直驚きが隠せないです。
しかも原作担当の佐野ロクロウ先生も、(あくまでペンネームを変更しただけの連載経験ありの作家でなければ)なんと読み切りどころか一切執筆作品が見つかっておらず、
かなり異例の事態になっております。
漫画雑誌に連載が決まるときというのは、たいていは何かしらの作品を出版社に投稿した後、将来性ありと判断された方が出版社独自の漫画賞に入選しホームページに掲載されたりなどがします。そこから本誌又は派生したマンガ雑誌(ここではジャンプネクストなど)に読み切りが投稿、さらに評判が良かった時に本誌連載が決まるはずなのですが、ほぼ全部すっ飛ばしてのいきなりの連載というのは類を見ません。

その話題の連載作がこちら、「ziga-ジガ」です!!

 

引用元 ジャンプ公式サイト

 

試運転なしのぶっつけ本番の連載ということはそれだけこの作品に期待しているということでしょうか….!

なんにせよ連載はまだ始まったばかり。

これからの活躍に期待です。

肥田野健太郎先生の顔画像は?

肥田野健太郎先生の顔は調査中です。

 

肥田野健太郎先生の年齢は?

肥田野健太郎先生の年齢はまだ確認できておりません。

しかし、かなり昔の雑誌である赤マルジャンプに作品を掲載していたことから、あまり若い方ではないかもしれません。

 

肥田野健太郎先生と佐野ロクロウ先生の関係は?

正直これが一番気になる内容です。

前述の通り肥田野健太郎先生はあまり若くない可能性が十分にあります。

その先生と、おそらくまったくもって新人である佐野ロクロウ先生とコンビを組ませた経緯がかなり謎に包まれています。

連載以前からコンビを組んでいた形跡もなく、年が離れていることが予想されているため前から知り合いだった可能性も(なくはないですが)あまり考えられませんでした。

ただ単に各ジャンルで優秀だった二人がくっつけられただけかもしれませんが、どれも推測の域を出ない考えばかり。

単行本のおまけなどでバックヤードなどが語られるまで真相はわからなそうです。

 

記事が役立ったと思ったクリック!

コメントを残す