山田正紀(桜花忍法帖バジリスク新章作者)と山田風太郎関係は?顔や年齢,経歴も調査!



スポンサーリンク




山田風太郎さんの伝奇小説「甲賀忍法帖」を原作にした「バジリスク~甲賀忍法帖~」の続編の「桜花忍法帖~バジリスク新章~」の作者、山田正紀さんの経歴と作品について、ご紹介をいたします。

SF小説では難解な作品を残していましたが、現在は「桜花忍法帖~バジリスク新章~」の原作を手掛けるなど、多方面での活躍を見せています。
そんな山田正紀さんの作品とプライベートの部分をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク




山田正紀さんの経歴と作品について

山田正紀さんは日本の作家です。誕生日は1950年1月16日。出身は愛知県の名古屋市になります。名古屋と言えば味噌カツでしょうか。
子供のころから漫画家を目指していた山田正紀さんは、明治大学政治経済学部の学生時代に1年間休学して、イスラエルのキブツなど、海外を放浪する生活をします。なんともユニークな経歴です。
帰国後に大学を卒業して、同人誌の「宇宙塵」で作品を発表していましたが、当時編集者であった柴野拓美に託した中編小説「神狩り」がSFマガジン誌に掲載されて作家デビューをすることになります。

button-only@2x 山田正紀(桜花忍法帖バジリスク新章作者)と山田風太郎関係は?顔や年齢,経歴も調査!

デビュー後、「百科事典の出版社」に正式入社するも、なんと半年で退職をしてしまいました。しかしその後も「SFマガジン」に、立て続けに作品の発表を行い、「流氷民族」を連載をして、SF作家の地位を固めました。

button-only@2x 山田正紀(桜花忍法帖バジリスク新章作者)と山田風太郎関係は?顔や年齢,経歴も調査!

同時代のSF作家にかんべむさしさん、堀晃さんがいます。同世代の作家と共に冒険小説やミステリー小説など発表して自身のジャンルの拡大を図りました。

山田正紀さんはSF作家としては、骨太なアイデアをもとにした難解な構成の作品から、エンターテインメイントに徹した作品まで幅広い執筆活動を行っています。
またロストワールド(各地の秘境を舞台にしたSF作品を指す)をテーマにした作品を発表したり、ジョン・W・キャンベルへのオマージュ「物体X」などSFの古典的テーマを取り上げたりなど、SFマニアの層にもアピールを行っていました。
著者のこれらの作風は、学生時代に中近東を放浪していたことが影響を与えていると言われています。

そして、デビュー直後の1970年代には「神狩り」「弥勒戦争」「神々の埋葬」など神を題材にした作品が多く発表されており、これらのシリーズは俗に「神シリーズ」と呼ばれることになります。

そんな山田正紀さんの作品には未完で終わっているものが存在して、SF系作品には特に未完のものが多いそうです。
しかし、なかには「機械獣ヴァイブ」のように、17年の空白期間を経て、完結した作品もあったりします。びっくりです。作品の息も長すぎます。だけれどもそれだけ待たれている作家なのでしょう。

button-only@2x 山田正紀(桜花忍法帖バジリスク新章作者)と山田風太郎関係は?顔や年齢,経歴も調査!

ちなみに「機械獣ヴァイブ」は第一部から第四部までが1985年から1988年までの間に発表されて、最終巻が発表されたのは2005年でした。

90年代にいわゆる「新本格」の活動が本格的になってきていました。山田正紀さんは、時代の流れに沿ってか、ミステリー小説に発表の場を移すことになります。
その後はミステリー小説を数多く発表をしています。ひねくれものなのか、時代の空気を読むのがうまいのでしょうか。
また推理協会作家クラブ会、本格ミステリー作家クラブ会の会員をしていました。また日本冒険作家クラブ会の元会員でした。
特に日本SF作家クラブでは第12代会長を務めています。その後2014年には退会しています。

button-only@2x 山田正紀(桜花忍法帖バジリスク新章作者)と山田風太郎関係は?顔や年齢,経歴も調査!

山田正紀さんは小説を多く発表していますが、漫画の原作は2017年に連載を始めた「バジリスク~桜花忍法帖~」が初めてです。この漫画はもともと山田風太郎の伝奇小説「甲賀忍法帖」を原作にしたせがわまさきさんの漫画、「バジリスク~甲賀忍法帖~」の続編になります。

山田正紀さんと山田風太郎さんの関係について

山田風太郎さんは「甲賀忍法帖」から始まる「忍法帖シリーズ」や「魔界転生」等が有名です。他にも「南総里見八犬伝」を原作にした「八犬伝」も有名で、史実をもとにしたフィクションに名作が多く存在します。山田正紀さんは、山田風太郎さんの「忍法帖シリーズ」のパスティーシュを行っていました。
その小説のタイトルは「神君幻法帖」。「幻法者」たちの腕比べと政治的思惑があいまった山田風太郎さんの伝奇小説へのオマージュあふれる作品です。
ちなみにタイトルの「神君」は徳川家康を指す言葉です。

山田正紀さんの顔や年齢について

山田正紀さんは1950年生まれなので2017年現在は67歳です。検索をして写真を見てみたら、眼鏡をかけた白髪の老年の男性の顔が出てきました。

button-only@2x 山田正紀(桜花忍法帖バジリスク新章作者)と山田風太郎関係は?顔や年齢,経歴も調査!

引用元:日本SF作家クラブ

67歳ということで年相応と言った感じですね。

「バジリスク~桜花忍法帖~」のアニメについて

button-only@2x 山田正紀(桜花忍法帖バジリスク新章作者)と山田風太郎関係は?顔や年齢,経歴も調査!

引用元:WEBヤンマガ

「バジリスク~桜花忍法帖~」のアニメ化についての話ですが、もともと原作の「バジリスク~甲賀忍法帖~」自体が山田風太郎の小説をコミカライズしたものです。

「バジリスク~桜花忍法帖~」はアニメーション化されているので、「バジリスク~桜花忍法帖~」もアニメーションになる可能性があると思います。

桜花忍法帖 バジリスク新章 (上) (講談社タイガ)button-only@2x 山田正紀(桜花忍法帖バジリスク新章作者)と山田風太郎関係は?顔や年齢,経歴も調査!
button-only@2x 山田正紀(桜花忍法帖バジリスク新章作者)と山田風太郎関係は?顔や年齢,経歴も調査!button-only@2x 山田正紀(桜花忍法帖バジリスク新章作者)と山田風太郎関係は?顔や年齢,経歴も調査!
by カエレバ

 

記事が役立ったと思ったクリック!

コメントを残す