猪ノ谷言葉(ランウェイで笑って作者)wiki,性別,顔からアシスタントまでお伝えいたします



スポンサーリンク




「週刊少年マガジン」に「ランウェイで笑って」を連載中の漫画家、猪ノ谷言葉さんについて、調査をしました。

漫画家としての経歴や作品について、またプライベートの性別や顔、また漫画家としてデビューする前のアシスタントについてもお伝えいたします。

スポンサーリンク




猪ノ谷言葉さんの経歴と作品とwikiについて

猪ノ谷言葉(いのやことば)さんは日本の漫画家です。Wikipediaで検索しようとしましたが、まだありませんでした。

誕生日は11月18日。

2016年に「星の願いを」で第95回週刊少年マガジン新人漫画賞の特選受賞を果たしました。

button-only@2x 猪ノ谷言葉(ランウェイで笑って作者)wiki,性別,顔からアシスタントまでお伝えいたします

この受賞は95回と続く、長い歴史を持つ週刊少年マガジン新人賞の中でも4人目の特選受賞者だそうです。

そして2017年には「週刊少年マガジン」で「ランウェイで笑って」の連載を開始しました。

button-only@2x 猪ノ谷言葉(ランウェイで笑って作者)wiki,性別,顔からアシスタントまでお伝えいたします

 

この漫画は才能(タレント)をテーマにした漫画です。主人公は子供のころからスーパーモデルを目指していました。

10歳のころから身長が158cmあり、周囲に将来を期待されて育ってきました。

しかし、高校生活の3年間では158cmから一切身長が伸びません。

周囲は彼女にはスーパーモデルになることは出来ずに、またパリコレクションに出ることも無理だと諦めていました。

しかし、彼女は諦めずに、モデルへの道を突き進んでいます。

自分自身の夢を諦めることをしない主人公の前に、ファッションデザイナーの才能がある少年が登場します。

彼は、才能がありながら、自分自身の境遇の為、デザイナーを目指さずに就職をすることを考えていました。

周囲の無理をおして、モデルを目指す主人公は、彼と出会うことで、自分自身の持っていた新たな才能に気付きます。

それは、自分自身に常に注がれてきた目です。新しい才能を見つけることが出来る目でした。

モデルの世界では体型が非常に重要な要素になっています。何故なら服飾をいかに際立たせるかが、重要な仕事の一つになっているからです。

父親がモデル事務所を経営している主人公は、その世界の中にいながら、体型を物ともいわずに、自分自身の夢を追い続けます。

そこで、新しい出会いによって自分自身がいかに、モデルや服飾の世界の恩恵を受けていたかに気付くのです。

この漫画の第一話では最後に、主人公が逆転する要素を持っているのですが、それは主人公だけが持っていた夢が、自分の中で完結していたただの夢ではなく、現実への道へと続いていることを表しています。

すでに彼女は歩みだしていたのです。

人の思う全ての夢が叶うわけではありません。それには環境が重要な要素を持っています。

そして、そこには人間の意志をいかに可能にさせるかについての重要な意味を持っています。

自分を認めてもらうためには、まず自分自身を知ること、そして周囲に自分のことを知ってもらうこと。

タレントが紡ぐ関係は、時に残酷な現実を人に突きつけることがあります。何故なら、その世界でしか通じない言語があるからです。

しかしこの世に人間同士が持ちえる才能があるとするならば、諦めた時に生まれる関係性ではないでしょうか。

この漫画は現在、講談社コミックスでも発売されています。とても面白いです。よかったら読んでみて下さい。

猪ノ谷言葉さんの性別や顔について

猪ノ谷言葉さんは性別や顔についてなのですが、検索しましたが、分かりませんでした。多分…の部分では記述しない方が良いと思うのでやめておきます。

「ランウェイを笑って」を読む限り、とても作画やストーリーの作り方がうまく、新人とは思えないクオリティを感じます。

また、猪ノ谷言葉という名前から性別が分かりません。ペンネームだと思うのですが、もし本名なら失礼なことです。

 

猪ノ谷言葉さんの年齢について

猪ノ谷言葉さんの年齢はいくつくらいでしょうか。やはり検索では出てくることはありませんでした。

性別や顔に関しての部分でも、書きましたが「ランウェイを笑って」はとても新人とは思えないクオリティを感じます。

年齢はとても気になるところですが、今後の活躍では公表されることもあると思います。

今後、「ランウェイを笑って」がアニメ化や映画化されるならば、もしかしたら作者である猪ノ谷言葉さんのことも、多くの人が知りたくなると思います。

猪ノ谷言葉さんのアシスタントについて

猪ノ谷言葉さんのアシスタントについて、ですがどのような方のアシスタントをしていたのかは分かりません。

記事が役立ったと思ったクリック!

コメントを残す