少年誌一覧

西森博之は天才で面白い!顔や年収の調査!女の子がかわいい理由は?

2018年10月より放送開始した伝説のツッパリマンガ、『今日から俺は!!』 累計発行部数4000万を超える超人気漫画が時を超えて奇跡のクオリティで実写化を果たしました。 今回はその伝説の少年漫画、今日から俺は!!の作者である西森博之先生についてご紹介していきたいと思います。 勿論西森博之先生の代表作は今日から俺は!!だけではありません。 他の作品についてもご紹介していきたいと思います。

NO IMAGE

黒木雄心(思春期ルネサンス!!ダビデ君作者)作品,経歴画力を紹介!顔や年齢についても

2018年ジャンプ新連載企画、今回は非常におもしろいことになっています。 なんと、林聖二先生の「ジモトがジャパン」、黒木雄心先生の「思春期ルネサンス!ダビデ君」、二つのギャグマンガが週刊少年ジャンプ42月号より”二つ同時”連載開始!! ついに終わってしまった銀魂!!(終わっていない) 続くように入ってきたのはなんと2つものギャグマンガ!! 新連載同時2本掲載というジャンプ史上初の試みですが、この二つの作品がこれからのジャンプにどのような影響を及ぼすのでしょうか!! 今回は「思春期ルネサンス!!ダビデ君」の作者である黒木雄心先生のご紹介をわかる分だけしていきたいと思います!

NO IMAGE

林聖二(ジモトがジャパン作者)作品,経歴画力を調査!顔,年齢についても

2018年ジャンプ新連載企画、今回は非常におもしろいことになっています。 なんと、林聖二先生の「ジモトがジャパン」、黒木雄心先生の「思春期ルネサンス!ダビデ君」、二つのギャグマンガが週刊少年ジャンプ42月号より”二つ同時”連載開始!! 銀魂の最終回をうけ、深刻なギャグマンガ不足に陥っている現在のジャンプですが、この2作品はジャンプに新しい風を吹かせることができるのでしょうか!!? 今回は新連載「ジモトがジャパン」作者、林聖二先生について、判明している分だけでも紹介していこうと思います!!

空知英秋次回作は?スピンオフ,発言,ジャンプで連載予定を調査!銀魂最終回に向けて…

ついに近づいてまいりました。 漫画「銀魂」の”本当の最終回”が...... 終わる終わる詐欺で有名だった本作ですが、ついに2018年週刊少年ジャンプ38号にて、同年42月号までの残り5話での連載終了を発表しました。 もう終わる終わる言いだしてから2年以上たってたり、実写銀魂の放映開始で原作にも一区切りつけるとか言っていたのに実写版銀魂2とかやりだしましたが、これで本当に、冗談抜きで見納めになる事になるでしょう。 思えば日本中のお茶の間に笑いを届けてきた銀魂ですが、あのころテレビの前で笑っていたちびっ子たちも今は大学生になったり、社会人になっていたり、成年している方も多いことでしょう。 今回はそんな懐かしさも感じる銀魂の作者、空知英秋先生について調べてきました。

ワンピースのエネルは再登場で最後の仲間になる?最強の強さは黒ひげ以上!?

皆様は先日の土曜プレミアムで放送されたワンピース エピソードオブ空島はご覧になられたでしょうか? カルガラやノーランドたちの過去をめぐる熱い戦いが空島で繰り広げられましたが、その戦いの中で多くの魅力的なキャラクターが登場し、時にはルフィたちに立ちふさがり、時には仲間として一緒に戦い合ったりします。 その”空島編”で登場したキャラクターの中でも一層高い知名度を誇っているのは、なんといってもラスボスである”神【ゴッド】エネル”でしょう。 エネルはワンピース世界でも屈指の悪(ワル)さ、クズさと、ルフィ以外の麦わらの一味を蹴散らす圧倒的なパワーを持ち合わせる超人気の悪役キャラです。 今回はその空島の悪神、エネルについての考察をしたいともいます。 ※結構がっつりネタバレあり

ワンピースの最終回予想!いつごろ?近い?何巻で終わる構想はできているかなど徹底解説!!

『ワンピース』というマンガは、日本はもちろんのこと、世界中で愛され続けてから実に21周年もの時がたちました。(2018年現在) ワンピースは漫画界の星でもあり、象徴でもある圧倒的存在であるともいえるでしょう。 日本中でその存在は知られていますし、主人公の名前はWikipediaを見るまでもなくほとんどの方が覚えている、時代を築いた漫画と呼ぶにふさわしい存在感を持っていると誰もが思っていることでしょう。 しかし、そんな漫画でもいつか必ず終わりが来ます。ワンピースの終わりとなれば、それはもう、日本のすべてのメディアが注目する大騒動が起きるはずです。 今回はそんなワンピースの最終回の予想を作者である尾田栄一郎先生の発言を踏まえて考えていきたいと思います。