小畑健の天才的画力!顔,性別や大場つぐみさんとの関係やアシスタントまで調査!!



スポンサーリンク




「DEATH NOTE」や「バクマン。」で有名な小畑健さんの作品と経歴について検索をして調査しました。

その圧倒的な画力から、顔や性別などプライベートな部分にまで、また「DEATH NOTE」や「バクマン。」「プラチナエンド」で原作を担当した大場つぐみさんとの関係からアシスタントについてまで、お伝えいたします。

スポンサーリンク




小畑健さんの作品と経歴について

小畑健さんは日本の漫画家、イラストレーターです。誕生日は1969年2月11日。出身は新潟県新潟市です。血液型はAB型。

1985年に「500光年の神話」で手塚賞に準入選をしました。また翌1986年、小畑さんが高校2年の時に投稿で佳作入賞した「CYBORGじいちゃんG」で、1989年に連載デビューを果たします。この時から絵が非常にうまかったと編集部の中では有名でした。また、連載当時のペンネームは土方茂名義でした。なぜか、その後、主に漫画原作者と組んで活動をしています。

button-only@2x 小畑健の天才的画力!顔,性別や大場つぐみさんとの関係やアシスタントまで調査!!

1991年から1992年まで「魔人冒険譚ランプ・ランプ」(原作は泉藤進)を連載、1992年から1993年までは「力人伝説-鬼を継ぐもの-」(原作は宮崎まさる)を連載、1995年から1996年までは「人形草紙あやつり左近」(原作は写楽麿)を連載していますが、それぞれ短い期間で連載が終わっています。また「魔人冒険譚(アラビアン)ランプ・ランプ」の連載時に小畑健に改名しています。

1998年から2003年までに「ヒカルの碁」の連載をしました。原作はほったゆみさんが担当して、監修として女流棋士の梅沢由香里さんが担当をしています。

button-only@2x 小畑健の天才的画力!顔,性別や大場つぐみさんとの関係やアシスタントまで調査!!

「ヒカルの碁」は主人公の進藤ヒカルが平安時代の天才囲碁棋士・藤原左為の霊に取りつかれることによって、囲碁の世界に入り込むことになる物語です。

藤原左為に取りつかれたヒカルは碁会所で塔矢アキラと出会います。塔矢アキラは囲碁界のトップ棋士である塔矢行洋の一人息子であり、また、将来の名人と目されていました。

その塔矢アキラと藤原左為の指示通りに石を打っていくことで、ヒカルにはアキラに勝利してしまいます。

その後、二人はライバル関係になり、物語が進んでいきます。

「ヒカルの碁」は藤原左為の呪いを才能という形で描き出しています。主人公のヒカルは常に囲碁の天才である藤原左為の呪いをかけ続けられる状態にあります。つまり囲碁の天才の思考を脳内に埋め込まれている状態になっているのです。

その呪いは物語の最後に幽霊である藤原左為自身が「神の一手」を求める為に、囲碁をしていたと思い込んでいたのですが、現実にはヒカル自身が囲碁を打っていることをヒカル自身が知り、また藤原左為が知ることでとけます。

この浄化は左為がすでに亡くなっていながら、彼が人生をかけて打ち込んできた囲碁の世界と才能は、潰えることなく連綿と続いていたことを知ることでおきるのです。

また、その呪いが解けるとともに現実にヒカルは自分自身が囲碁に打っていたことに気付きます。そしてこれこそが呪いであり才能なのです。

ヒカルは藤原左為によって新たに呪いをかけられたのですが、ヒカルにとってその呪いは永遠であるのではないでしょうか。残念ながら未来予測はできませんが、また新たな呪いが生まれる可能性はあると思います。

「ヒカルの碁」は単行本で全23巻出ています。とても面白い作品なので、よければ読んでみてください。

その後、2003年から2006年まで「DEATH NOTE」を「週刊少年ジャンプ」で連載をしました。

button-only@2x 小畑健の天才的画力!顔,性別や大場つぐみさんとの関係やアシスタントまで調査!!

「DEATH NOTE」はノートに死んでほしい人間の名前や死因や時間を記述すると、その通りにその人間が亡くなる、というノートをめぐるミステリー漫画です。

この漫画の特徴は「DEATH NOTE」が大人気を博したため、その作品自体が一種の都市伝説化していったところです。

主人公である八神月(ライト)が手に入れた「DEATH NOTE」に魅了されていき、殺人を犯すことに関して全くの罪悪感を抱かなくなり凶悪犯罪者になっていく過程と、その「DEATH NOTE」をこの世からなくし、犯罪を止めようとする探偵Lとの対立によって成り立っています。

Lは基本的に情報と論理思考によって、「DEATH NOTE」の本質に迫っていきますが、物語の途中で八神月によって殺されてしまいます。

「DEATH NOTE」は都市伝説が認識のレベルで解決出来る可能性を提示しています。

人間は情報が増えれば増えるほど、その情報によって生まれる現象に対して鈍麻していき、当たり前に感じてしまうのです。

その当たり前の現象を解体せずに、物語化したのが「DEATH NOTE」の本質です。

情報を集めることで生まれる一種の民俗学的現象つまり、「ない」物語から「キラ」という一種の悪人を裁くメシアが生まれるまでの物語と、実際に存在する殺人鬼である八神月を法的に裁こうとするLたちの物語が重なることで、都市伝説が情報によって多重構造化していることがわかります。

ユニークな所は探偵側であるLのキャラクターがあくまで、倫理性に特化している人間性をもっているところです。そのため、自分自身を犠牲にしても「DEATH NOTE」の存在をこの世からなくそうとしているところです。

対照的に悪人が主人公でありながら、これだけ人気を得た作品はこの漫画が一種の文学作品だからでしょう。

「DEATH NOTE」は単行本で全12巻発売されています。

そして、2008年から2012年までは「バクマン。」の連載をしました。「バクマン。」の原作者は「DEATH NOTE」と同じ大場つぐみさんです。

button-only@2x 小畑健の天才的画力!顔,性別や大場つぐみさんとの関係やアシスタントまで調査!!

「バクマン。」は漫画家になろうとする二人の少年の青春を描いた作品です。

この漫画を読むと、いかに漫画家が連載をし続けることが大変かわかります。出版社の編集部の人がその漫画家を信用して連載をするそうです。

そして一度売れなければ、編集部内での評判が悪くなるらしいのです。

出版業界はそれほど大変な職業らしいのですが、かつて若いうちに漫画家としてデビューをした小畑健が現在これほど売れているからこそ、描ける作品だったのではないのでしょうか。

「バクマン。」には一種の天才として新妻エイジというキャラクターがいます。新妻エイジは常に漫画のことを考えている変人です。

コミカルなキャラクターが多く、ほぼ漫画という狭い世界でしか生活していない人間がだんだんと人間らしくコミュニケーション能力を得てくる物語です。

「ヒカルの碁」「DEATH NOTE」「バクマン。」はどれもTVアニメ化され、その中でも「DEATH NOTE」「バクマン。」は実写映画化もされています。

「DEATH NOTE」では松山ケンイチさんがL役を担当して、一躍有名になりました。

松山ケンイチさんはカメレオン俳優と呼ばれるほど、役にのめりこむ人で、その後も色々な役をしています。

現在では「プラチナエンド」を「ジャンプスクエア」で連載をしています。この漫画も大場つぐみさんが原作を担当しています。

button-only@2x 小畑健の天才的画力!顔,性別や大場つぐみさんとの関係やアシスタントまで調査!!

漫画家の交流は美術出版社「Comickers』春号で、「多重人格探偵サイコ」の作画を担当した田島昭宇さん(原作は大塚英志さん)と「眠兎」「I’ll」「テガミバチ」等の作品で知られる浅田弘幸さんの三人で共に「水瓶3(みずがめすりー)」というユニットを結成して、一時期「Comickers」を中心にイラストや短篇作品などを制作していました。

ユニット名は、誕生日が近く3人とも水瓶座であるところからだそうです。

当初は「謎の新星ユニット」になっており、小畑さんは「モーニングコング」田島さんは「ゴリラ・キック」「浅田さんは「ウータン・チョップ」と名乗っていました。

また「ろくでなしBLUES」や「ROOKIES」などの作品で知られる森田まさのりさんとは「森やん」「畑やん」と呼び合う親しい仲だそうです。

小畑健さんの天才と画力、イラストについて

小畑健さんは高校2年生の時に漫画家としてデビューしているそうです。その時は16歳でした。天才としかいいようのない才能です。

そしてその画力は現在でも高く評価されています。小畑健さんの描いたイラストを使った小説が集英社文庫から発売されました。それは太宰治の「人間失格」です。そのは表紙にはニヒルな雰囲気の男が学生服を着て椅子に座っている姿を描いています。

button-only@2x 小畑健の天才的画力!顔,性別や大場つぐみさんとの関係やアシスタントまで調査!!

「人間失格」はドストエフスキーの「地下室の手記」とも比較される内容が高い評価を受けている太宰治の中でも得別に有名な作品です。

この小畑健さんが表紙を描いた作品が多くの人にとってジャケ買いされたらしく、たくさんの人に読まれるようになりました。この為「人間失格」が多くの人に読み返される機会が生まれました。

それは小説好きであり、なおかつある時期太宰治を好んで読んでいた人間にとって、非常に面白い現象です。

これを機に、太宰治が多くの人に読まれるようになり、また新たな視点からの太宰論が述べられたりすれば、文学の世界を盛り上げることにつながると思います。

 

小畑健さんの顔や画像、性別について

 

小畑健さんの顔はニット帽をかぶっている姿が載っています。なぜニット帽を被っているのでしょうか。なかなかおしゃれです。また性別は男性です。

button-only@2x 小畑健の天才的画力!顔,性別や大場つぐみさんとの関係やアシスタントまで調査!!

引用元:印税生活

イラストが美麗すぎて、もしかしたら読者には女性と思われるところもあるのかもしれません。作家の場合は性別を明かさなかったり、写真を表に出さない場合もあるので、認識できないことのほうが多いです。

 

小畑健さんと大場つぐみさんとの関係について

大場つぐみさんは「DEATH NOTE」や「バクマン。」「プラチナエンド」で原作を担当した方です。「DEATH NOTE」の連載が始まったとき、ストーリー展開の巧みさのため、原作者は元漫画家か、それとも作家が変名で脚本を書いているのではないかと言われたそうです。

大場つぐみさんが誰か、は編集部の人が知っているでしょうが、読者にとっては顔写真を出ていないので、「一体大場つぐみさんとは誰なのだろうか。」と気になる人もいるのでしょう。ネットで検索をした結果、「臨機応変マン」や「とっても!ラッキーマン」の作者である、ガモウつよしが作者である可能性が出てきました。

しかし、ガモウさんはギャグ漫画家、まさか、「DEATH NOTE」の原作者とは結び付きづらいです。

しかし読み方を変えると「DEATH ONTE」はギャグマンガとも読める要素があります。確かに「DEATH NOTE」はノートに書いた人間が死亡するという恐ろしくショッキングな内容です。しかし、あくまでフィクションの中でしかありえない話です。

もし、このような内容を話す人がいるとすれば、冗談としか周囲は受け取らないでしょうし、だれも信用しないでしょう。

一種のオオカミ少年譚の異種とも考えられる話でありますし、もしガモウさんが自身の作画で漫画化を描いたら、もっと違うニュアンスの物語になりそうです。

あくまで「週刊少年ジャンプ」が大場つぐみ=ガモウひろしと同作家の作品と公表していないため、作風の違い以外にも何か理由があるのかもしれません。

小畑健さんのアシスタントについて

 

小畑健さんのアシスタントに「るろうに剣心」の作者、和月伸宏さんがいます。和月さんは小畑健さんのSFギャグマンガ「CYBORGじいちゃんG」を読んだことがきっかけとして小畑さんを心の師匠と仰ぎ、アシスタントになりました。

また「To LOVEる-とらぶる-」で有名な矢吹健太朗さんもアシスタントをしていました。矢吹さんはデビュー時は現役高校生で、初連載作である「邪馬台幻想記」開始時は18歳でした。

ほかにも現在「ワンパンマン」の作画を担当している村田雄介さんもアシスタントをしていたそうです。

記事が役立ったと思ったクリック!

コメントを残す