かずはじめの現在は結婚し夫,子供?性別は女性,本名も調査!!


スポンサーリンク

明稜帝 梧桐勢十郎(めいりょうてい ごとうせいじゅうろう)、MIND ASSASSIN(マインドアサシン)などの作品を週刊少年ジャンプ本誌で連載していたジャンプ作家、かずはじめ先生のご紹介を今日はしていきたいと思います。

知らない方も多くいるかもしれません、先生は今では漫画を描いておらず、10年近く経過しております。

1990年代という週刊種年ジャンプ最盛期を陰で支えた作家の漫画家生命をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

かずはじめの作品、経歴プロフィール紹介

今回はジャンプの陰の立役者、かずはじめ先生のプロフィールをご紹介していきたいと思います。

かずはじめ(カズハジメ)は1994年にデビューした漫画家。女性。
1994年「MIND ASSASIN」(『週刊少年ジャンプ特別増刊スプリングスペシャル』)でデビュー。1994年11月から『週刊少年ジャンプ』で同作品の連載開始。主な作品に「明稜帝 梧桐勢十郎」「鴉MAN」などがある。

引用元 https://mangaseek.net/person/440.html

かずはじめ先生は上記の通り1994年にデビューした、この時期には珍しい?女性の作家さんです。

詳細は後で説明しますが、彼女は明稜帝 梧桐勢十郎(めいりょうてい ごとうせいじゅうろう)、MIND ASSASSIN(マインドアサシン)という作品で有名な方です。

今回はこの2作品の紹介をしたいと思います。

まずはデビュー作、MIND ASSASSINから

button-only@2x かずはじめの現在は結婚し夫,子供?性別は女性,本名も調査!!

精神と記憶を破壊する暗殺者「Mind Assassin」。その力を受け継いだ開業医の奥森かずいは、つらい過去に苦しむ人々を呪縛から解き放っていた。——ある日、恋人を失った少女が刑事に追われて逃げ込んできた。奥森は事情を聞き、恋人との記憶を消したが…。正義と哀しみのサスペンス、第1巻!

引用元 http://jumpbookstore.com/item/SHSA_ST01C85139500101_57.html

この作品はかずはじめ先生のデビュー作で、1年ほど連載されました、のちに連載されたのが、明稜帝 梧桐勢十郎です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

button-only@2x かずはじめの現在は結婚し夫,子供?性別は女性,本名も調査!!

明稜高校第26代目生徒会会長、梧桐勢十郎!! 超ワガママで超外道、生徒はおろか、先生までも支配しているという…。そんな生徒会にイジメを苦に転校してきた青木速太が書記として立候補してしまった!? しかも、梧桐と対立する四天王の一人、半屋に目を付けられて…!?(全6巻)

引用元 http://jumpbookstore.com/item/SHSA_ST01C61853800101_57.html

明稜帝 梧桐勢十郎はかずはじめ先生の代表作です。この作品は全6巻とありますが、文庫本化されており、実質10巻分の内容となっていて、つまり2年間の間連載されていた作品となっています。

この作品が終了した後も連載がいくつか始まって続いてい終わってを繰り返しましたが、2012年ごろからは新しい連載を開始していません。

かずはじめ先生の現在

かずはじめ先生は(女性には失礼な言い方かもしれませんが)現在では40代なので、すでに漫画家はやめたんじゃないかという声も上がっております。
もちろん今がアイデア構想期という可能性も十分にありますが、かずはじめ先生は実は既婚者であり、すでに働く必要もないため「筆をおいた」という可能性が高いんじゃないかと考えています。

かずはじめは女性?本名じゃない?

かずはじめ先生は上記の通り女性であることが確定しています。

かずはじめと聞きますとまず男性のようなイメージを思い浮かべますよね?

ですのでかずはじめというのはPNである可能性は高いですが、はじめという名前の女性もいます。

はじめ、という部分は本名である可能性もあります。

かずはじめは結婚して夫、子供はいるの?

かずはじめ先生は既婚者の方で、なんとお相手には瓶子 吉久(へいし よしひさ)さん。10代目ジャンプ編集長です!

バクマン。などにこの方モチーフのキャラクターが出ていたことで有名でしょうか。

おそらく職場結婚というやつですね。

お子さんの方は詳しくはわかりませんでした。申し訳ございません。

スポンサーリンク